紫志野 ぐい呑【炎芸術】

¥33,000 (Plus tax)
Craftsman 鈴木富雄
Category Vessels for sake / Sake cups
Size 7cm*7cm*5.8cm
Weight 250 g
Materials 陶器(Pottery)
Instructions -
Details -
+ -
As these items are made by hand, one by one, by craftsmen, there is some variation. colors you see on your monitor or browser may differ from actual colors.

2022年「炎芸術」別冊 掲載品

鈴木富雄による独自の輝きや色合いを活かした作品。
金志野は作家の代表作ともいえる作品です。

志野とは

安土桃山時代に美濃(岐阜県)地方で焼かれ始めた白釉を使った焼物。
長石を砕いて精製した白い半透明の長石釉を厚くかけて焼き、小さなくぼみが無数にあるのが特徴。
長石釉だけの無地志野、素地に鉄釉で簡素な絵や文様を描いてから長石釉をかける絵志野、素地に酸化鉄をかけてから長石釉をかける鼠志野などがある。

陶歴

1948年 京都に生まれる。
1988年 京都八幡の地に開窯。

偶然、自分の窯から出てきた黄金に輝く志野と出逢い、その美しさに魅せられ、研究に研究を重ね、今では数多くの作品を発表している。

以後、日本中を舞台に個展活動を行っている。

Product of the same craftsman See more